御坊市藤田町吉田

「道成寺」の石段下から左裏手に回ると「道成寺団地」があります。団地の入り口に「案内看板」があり、すぐ近くの民家の傍らに「清姫蛇塚」がありました。 中辺路の真砂の荘の淵に身を投げて自殺した「清姫」の怨霊が逃げた婚約者の「安珍」を蛇身となって追いかけ「道成寺」の釣鐘の中にかくまわれているところを、釣鐘ごと7巻半し、火を吐いて自らもともに焼け死んだといわれています。
 「蛇になってでも・・・」という清姫の執念ばかりが誇張されていますが、こんな業の深い二人でも「道成寺」に祀られている観音さま(宮古姫が海中から拾い上げてきた黄金の観音さま)の大慈悲で救われて、二人は無事昇天するというところが眼目のようです。

「安珍・清姫伝説」について、詳しくは「清姫遺跡」のページをご覧下さい

「宮古姫伝承」については、「道成寺」のページをご覧下さい

所在地付近地図

「クリック」で画像を拡大表示します
「清姫蛇塚」遠景
「クリック」で画像を拡大表示します
「清姫蛇塚」近景
「クリック」で画像を拡大表示します
「清姫蛇塚」 碑